ウクライナ

スポンサーリンク
時事放談

アメリカ・EU「ロシアの資産はパクる、徹底的にな」破産寸前のウクライナ、アメリカ・EUのこそ泥に一縷(いちる)の望みをかける

アメリカやEUからの支援が先細ってきたウクライナ。早ければ、2024年2月にも公務員への給与の支払いや年金の支給に支障出るぐらい、お金に困っているようです。ウクライナのシュミハリ首相は、「戦後の復興や経済回復よりも、教員や公務員への給与の支...
時事放談

イスラエル軍が人質を誤って射殺。え?イスラエルって人質もろともパレスチナ人を大量虐殺する作戦じゃなかったの?

イスラエル軍は12月15日、ガザ北部シャジャイヤでの戦闘中に、ガザ現地政府ハマスに拘束されていたイスラエル人の人質3人を誤って射殺してしまったことを発表しました。え?イスラエルって、人質もろともパレスチナ人を大量虐殺する作戦じゃなかったの?...
時事放談

9月23日、ロシアのラブロフ外相がウクライナ和平について本音で語るも、西側にとって都合が悪すぎて無視される

前から、書こう書こうと思っていたけど、なんとなく後回しにしていた記事を今回書きます。ロシアがウクライナの和平について言及した記事です。 9月23日、ロシアのラブロフ外相は、ニューヨークにある国連本部で行われた記者会見で、ウクライナ和平につい...
時事放談

ワグネルの撤退によりイスラム過激派やイスラム国が活発化? どうする正義マン「アメリカ」w

ウクライナ侵攻の総司令官からの更迭報道が出ていたロシア軍制服組トップのゲラシモフ参謀総長。更迭が、フェイクニュースだったことが明らかになりましたwゲラシモフ参謀総長、ウクライナ侵攻の総司令官を続投のようです。いやいや、デマのせいで、今回の記...
時事放談

考察「キエフにはソ連の罠があるから攻略するのに核は必要ない」「キエフからの撤退は和平交渉の結果だった」

ウクライナの反転攻勢部隊が、第1防衛線に到達する前段階の前哨線ぜんしょうせんを突破できずにロシアから多大な損害を与えられている疑惑が浮上しています。今まで散々、ロシア戦車を笑い者にしていた西側諸国ですが、「あれ? 西側戦車、弱くねwwwww...
時事放談

パトリオットは損傷、バフムトは占領され、ネオナチが米兵器を携え、ロシア領内で大暴れ

ウクライナにNATO諸国から戦車などの兵器が到着し、大規模な反攻が始まったのか始まってないのか曖昧あいまいな中、戦争は静かに動いているようです。現在、ウクライナには地対空ミサイル「パトリオット」が2セット配備されてるそうですが、そのうちの1...
時事放談

ウクライナを舞台にしたロシアとNATOの戦争、今後を左右する決戦が近づく

2022年2月24日、ロシア軍は、ウクライナへの侵攻を開始しました。ロシアの連邦保安局からウクライナ国内の情勢報告を受けたプーチン大統領が、侵攻を命じました。しかし、連邦保安局とプーチン大統領は、ウクライナを完全に舐なめており、訓練と称され...
時事放談

首都キエフが戦場と化したのに降伏しなかったウクライナはしぶとい

2月24日にロシア軍がウクライナに侵攻し、1ヶ月が経過しました。ここまで戦争が長期化したのは、ロシア軍が補給や連携が取れていないのと、士気が低いのが原因である、と言われています。僕もそれはあると思います。しかし、別の理由もあると思います。そ...
時事放談

NATOの東方拡大は脅威。ベラルーシ、核の返還を求めることを検討する

最近の報道を見ると、北米とヨーロッパ以外では、意外と、ロシアに対して同情的な報道がなされてる国もあるそうです。戦争に関してはロシアが悪いけど、戦争に至る過程においてはロシアに同情的な報道がなされてる国がある、と言うことです。昔は西側諸国と共...
時事放談

NATOの東方拡大を警戒するロシア、ウクライナに軍事侵攻する

ロシアがウクライナに軍事侵攻する事態になってしまいましたね。正直、これは予想外でしたが、それだけアメリカによるNATOの拡大には警戒していたと言うことなんでしょうね。1989年にベルリンの壁が崩壊、1990年には東西ドイツが統一されました。...
スポンサーリンク
error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました