セールじゃなきゃ、Kindle等、電子書籍のマンガを買ってはいけない、たった2つの理由

電子書籍・タブレット1 ゆるばな

世の中には、Kindle、楽天Kobo、honto、U-NEXT等、様々な電子書籍サービスがあります。
僕も中華タブレットで電子書籍、読んでます。
そのような電子書籍サービスで、
「セールじゃなきゃ、Kindle等、電子書籍のマンガを買ってはいけない、たった2つの理由」
を紹介します。

1、ページ数が異常に少ないときがある

電子書籍でマンガを買ったら、ページ数が30ページぐらいしかなかったことを経験したことはないでしょうか?
このようなマンガを定価で買ってしまった場合、すごく損した気分になりますよね。
また、購入画面にページ数が明記されていないケースも散見されます。
一応、返品はできますが、「未読の場合に限る」などの条件が設定されている場合もあり、困りますよね。
購入画面には分かりやすくページ数を明記するよう法律で規制することを望みますw

2、マンガだと思って買ったらラノベだった

もはや、あるあるですねw
試し読みせずに表紙とタイトルだけ見て、即決しちゃった場合に落ち入りやすいわなです。
購入前には試し読みするべきですが、毎回、毎回するには、面倒くさいですよねw

こんなところかなw
まとめると、

  • ページ数が異常に少ないときがある
  • マンガだと思って買ったらラノベだった

って、とこです。
現場からは以上ですw

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました