意味が分かると怖い話「はんわライナー」

はんわライナー ゆるばな

この物語はフィクションです

私は車掌しゃしょうです。
本日は天王寺発はんわライナー3号和歌山行きに乗車です。
定刻になり、列車は発車しました。
列車は和泉いずみ府中ふちゅうまで順調に走り、何の問題も起こりませんでした。
和泉府中駅で、1人のお客さま(50代、男性)が乗車して来ました。
そして、列車は発車しました。
さきほど乗車されたお客さまに検札にうかがうと、和泉府中から東岸和田の乗車券を見せてくれました。
すかさず、
「乗車整理券はお持ちですか?」
とたずねました。
はんわライナーは、普通の快速とは違います。
乗車には乗車整理券(310円)が必要です。
すると彼は、天王寺駅発行の乗車整理券を見せてくれました。
とっさに、前に座っていたお客さまが、乗車整理券をって帰ったと判断しました。
この席には、天王寺駅から別のお客さまが座っていたのです。
そこで、
「和泉府中で乗車されたお客さまが、どうして天王寺駅発行の乗車整理券をお持ちなのですか?
落ちていたのを拾われたのではないですか?」
と、たずねました。
すると、彼は、ビックリした様子で、
「はんわライナーで310円取られるなんて、半笑いやなあ」
と言って、310円を払ってくれました。

この話の本当の意味はCMの後で
(広告の下に本当の意味を載せてます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この話、特に意味は考えてませんw
50代の男性が、乗車整理券をちょろまかそうと乗車してきて、運よく乗車整理券を拾っただけですw
彼はセコいし、運も良いです。
さらにその上、
「はんわライナー、半笑いやなあはんわライナー
と言う”怖い”ぐらいのセンスも持ち合わせていたのです。

おしまい
(♪てーてーてー♪)

error: ありがとうございます
タイトルとURLをコピーしました